×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

花猫がゆく

blog

韓国覚え書き

韓国エッセイ

読書メモ

過去の日記

反「在日」感情について

 例えばブラジルから来た東洋人が「自分の両親は日本人だ」と言ったとしたら、日本人なら親しみを感じて、喜んで話をしようとするだろう。2人の距離は縮まったような気がして嬉しくなるだろう。私はそれが当然だと思っていた。

 あるとき韓国から来た留学生と話す機会があり、私は親しみを感じてもらうためと言っては変だが、極めて肯定的な感覚で、自分は在日韓国人だよ、とその留学生に言った。当然、彼は親しみを持ってくれると思ってのことだった。しかしその反応は、「無視」だった。「あ、そう」とさっさと次の話題を出されてしまったのだ。それだけではなく、何か白けたような空気になってしまった。それが私が「あれ?」と思った最初の機会だった。

 それから私は、もしかして韓国人にとって在日って「嬉しくないモノ」ではないかと疑いだした。そういう目で観察してみると、確かにその通りなのだった。なぜだかさっぱりわからなかったが。

 ブラジルから来た東洋人は多分ブラジルの国籍を持っていてすでに日本人ではないだろう(ブラジルはたぶん生地主義の国だったと思う)。しかし私は韓国籍を持っているれっきとした韓国人なのだ。なぜ韓国人はそれを嬉しく思ってくれないのだろう?それに在日は日本で苦労を強いられてきた。差別だってある。ことさら被害者ぶるつもりはないが、「がんばってる同胞」となぜ思ってくれないのか?

 韓国政府は反日教育には熱心だが、在日についてはたぶん何の教育も啓蒙もしていないのだ。だから韓国人は在日について実情を知らない。ただ、「日本で金持ちになって、いい思いをしている」とだけ思っているようだ。

 一因はきっと在日の方にもある。韓国人はとっても見栄っ張りなので、たぶん韓国へ帰郷した際、羽振りの良さを強調してきたのだろう。実際、日本の高度成長の波に乗って、在日の生活も一気に良くなっただろうし、まだ貧しかった現地の韓国人がそれを見て「いい思いをしている」と思っても不思議はない。見栄っ張りはもうひとつ、「苦労は見せない」という部分にも表れる。自分がいやな思いをしているとは、韓国人は決して人に見せたがらないのだ。

 私の母が韓国にいる親戚を訪ねるときには必ず土産を持参しなければいけない。それもけっこう高価なものを持っていかなければいけないらしい。私が同行したときには、母は親戚のこの人にはこれ、あの人にはこれという風に、たくさんのプレゼントを用意していた。中には高級腕時計もあった。「タダでは行けない」と母は言う。向こうの家に滞在させてもらうのだから当然かな、とも思うが、逆に向こうから母の家に来るときには、手ぶらで来ると言うのだ。「金があると思われてるから」と母はこともなげに言う。言っておくが、親戚と母の仲はすこぶる良い。それとこれとは別のようなのだ。

 実際向こうの生活を見てみると、生活は向こうの方がずっと楽そうに見えた。母の妹は土地を持っており、それを人に貸してかなりの収入を得ている。日本のウサギ小屋とは違って韓国の家屋は広々としている。そして生活必需品はかなり安い。外食したら500円で十分な食事ができるし、タクシーなんて130円だ。それでも「日本は金持ち」と堅く信じられているようだ。

 もう一つ言うなら、向こうではお客さんにお金は使わせない。外食しても電車に乗っても、全部向こうが出してくれる。いくらこっちが出すと言っても聞いてくれない。そうすると、もし向こうが日本に来た時には、当然こちらが全部持たなければいけない。物価は全然違う。金のかかり方が全然違うのだ。お客さん2人連れて焼肉でも食べに行こうものなら、軽く1万円以上飛んでしまうだろう。韓国では考えられない。何だか理不尽な気がする。

 話を戻すと、例えば私が韓国に行って、自分は在日(韓国語ではチェイルキョッポという)だと言っても、いいことはひとつもない。デメリットばかりだ。まず、韓国人ならなぜ韓国語が話せないか、と叱られる。韓国語を話せたとしても、それで当然だという顔をされる。買い物に行っても「チェイルキョッポなら金があるだろう」なんて言われる。

 それが日本人ならどうだろう。韓国では反日感情がとても強いと言われている。もちろんそれは事実だ。ならば自分が日本人だと名乗ればののしられるだろうか?70年代ならそういうこともあっただろう。ケンカを売られまくったと四方田犬彦も書いている。だが今では違う。いやもしかして70年代でもそうではなかったかと私は思うが、もし日本人が韓国語を話したら、韓国人は「アイゴー、日本人がウリマル(我らの言葉)を話すのか。偉いねー」とたいそう嬉しがってくれるのだ。そりゃそうだ。かつての宗主国の国民が目下である自分の国の言葉をわざわざ勉強してくれるのだ。そして嬉しさのあまり韓国案内のひとつも名乗り出てくれたりする。韓国人は実は日本人には親切なのだ。韓国好きの日本人は多いが、それは単に韓国という国が魅力的だからだけではなく、日本人が気分良く過ごせる要素が他にもあるからでは?と私は密かに思っている。欧米人が日本で気分良く過ごせるように。

 もうひとつ言えば、これが若い女だともっと対応がいいらしい。韓国の男は日本の女が大好きだ。日本は嫌いでも日本の女は大好き、もうひとつ言うならば、征服したらたいそう気分がいい、という心理もそこにはあると思われる。

 とにかく韓国人の日本人に対する感情は屈折している。「嫌い」と言いながら一方では「日本は凄い」と思っているし、高度経済成長を達成した国としてお手本にしたいと尊敬している。それはそれでよい。だがそこで何も在日をぞんざいに扱わなくてもいいじゃないか?一緒に尊敬してくれてもいいのではないか?

 在日とは一体なんだろう。1965年の日韓条約によって、在日問題は名目上チャラになっている。これで在日は金と引き替えに「捨て子」になったわけだ。国籍だけは韓国だが、韓国からは身内だとも思われていない。狭間にいる根無し草、というところか。私は別にそれでもいいと思っているけれど。

 なのに在日の方では祖国に思慕を寄せ続けてきた。日本で成功した大企業が祖国に貢献するために韓国で事業を展開したり、これは主に北朝鮮だが、祖国(とそこにいる家族)のためにせっせと送金し続けたりしてきた。でも何をしようと韓国人からは「韓国人なのだから当然だ」と思われて感謝さえされない。どんなに成功しても「韓国の血が優秀だから」などと言われる。

 実質的な面だけでなくアイデンティティの面でも、在日は常に韓国の血のルーツを意識し続けてきたし、せざるを得ない状況でもあった。それは3世、4世の世代でも同様であることは、今でもまだ在日が「自分探し」をする青春小説まで成り立ってしまうことでわかる。

 それに比べたらアメリカや中国に移住した韓国人の3世、4世は、ルーツとしては「韓国系」とは認識していても、もう十分にアメリカ人、中国人になっている。アメリカで「自分探し」小説があったとしても、今いる自分を当然のようにアメリカ人だと確信してのことだろう(エイミ・タンなどの移民小説を見たらわかる)。在日のようにぐらぐらしてはいない。「大人になって親から在日だと聞いて衝撃を受けた」な〜んてことはないのだ。これは当然、受け入れ国側の問題が大きいわけだが。

 私にはそういう在日の姿が、自分を捨てた親を慕い続ける孤児のようにも思える。もちろん世代を経るに従って在日のほうもどんどんしたたかになっているし、かつてのように「日本人になりきりたいから」という理由からではなく、本名のままで自然体であえて帰化しようとする在日も増えている(それには最近になってやっと「日本風」でない名前でも帰化申請が可能になったという状況もあるが)。

 それでも在日の中には自分のルーツとして韓国を求めたり、世界中の移民がそうであるように、世代を経るに従って民族の血に目覚めたりする人もいるだろう。だけど私はそんな気もない。それはまだ私が韓国に近いところにいるからかもしれないが。

 そういうわけで、私はあんまり韓国人には自分が在日だと言わないでおこうと思っている。意味ないもん。

 (言っておくが、韓国人はいったん自分の身内だと認めると、ものすごく暖かく、ものすごく親切にしてくれる。そこには在日も日本人もないと思う。韓国人には少なくとも本音と建て前の使い分けや二枚舌は存在しない)

*BACK*

HOME > 韓国エッセイ> 反「在日」感情について